本洋紅から赤と桜色

本洋紅→紅色→桜色をつくります

先生から、「紅型の何色に魅了されたの?」と問われ「赤」と答えると先生も同じだそうで、顔料で「赤」でも何種類かありますが、では、本洋紅を使いなさい。深い赤・赤・桜色をつくれるので、あなたも赤を極めなさい。黄色でもレモンイエローの扱いも極めたら?。から始まりました。

手順、赤を作る

本洋紅を乳鉢で細かく滑らかにします。使う溶剤は、豆汁と泡盛。

5番目の皿に豆汁を入れ、本洋紅の色を作っている色々な顔料の内、重い黒っぽい赤が沈殿するまで待ち、それを何回か繰り返し6番の赤ができます。

手順、6番から桜色を作る

赤を作った時と同じ沈殿と移しを何度も繰り返し、桜色・ピンクを作ります。

 

新作型紙

ワンポイントの新作型紙

とんとんみー、いらぶちゃー、カクレクマノミのかたがみです。

型作り

1.デザイン。

2.トレース。

3.伊勢の型紙かST紙に仮止めをし、デザインカッターで色を入れる所を残し彫る。

4.トレース紙をはがす為アイロンを当てはがす、仮止めの糊が付いていると紗が張れない。糊が取れるまで何回か新聞紙を当てアイロンをあて、新聞紙に糊を移す。

5.彫った所の確認手直し。

6.何枚も重ねた新聞紙の上で、型紙に紗を乗せ丁度いい塩梅の濃さにしカシューを刷毛で塗る。

7.別の新しい刷毛で何枚も重ねた新聞紙に余分なカシューを含ませ、新聞紙を1枚はがし余分なカシューが取れるまで何回か繰り返す。

8.カシューが綺麗になったら乾かし完成。

じゅごんのマスコット

10㎝程のかわいいマスコットです

琉球反物で作ってみました。

日本で生息する北限のじゅごんは、沖縄に生息していますが一部の人間のエゴで生息地が奪われています。そんなことを知ってください。

保護団体への支援に。

色づくり

ファーストイエローの色づくり

先ず、顔料を乳鉢で砕き、呉汁を入れても馴染みませんが、泡盛を入れるとトロトロと滑らかになります。

特に、ファーストイエローと紅は手間がかかります。

いくつもの工程全てが楽しく愛おしい。

 

布素材に染色№3

敷物・額装などにお楽しみください。

色々な布素材・お好きなサイズで紅型・藍染めも承っております。

オンリーワンの作品をお客様と一緒に制作していきます。

お子様の手形・記念に残したいデザイン・プレゼントに、如何ですか?デザインなどをお持ち頂き、型を作り染色いたします。